FX外為チャートで稼ぐ必勝法 株式投資ニュース 12月22日

12月22日(木曜日)の株式投資ニュースです。(11時57分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



VOYAGEGROUPが26%高となりバンダイナムコとの提携を好感
■800円台での値固めから大きく出直ってきたため見直す雰囲気 広告配信プラットフォームなどのVOYAGE GROUP(ボヤージュグループ)<3688>(東1・売買単位100株)は22日の前場、26%高の1285円(264円高)まで上げて高値引けとなり、出来高も急増した。22日付で、連結子会社CMerTV(シーマーティービー)とバンダイナムコホールディングス<7832>(東1)のバンダイナムコエンターテインメントとの資本提携を発表し、期待が集まった。 今年・2016年の相場は1..

【小倉正男の経済コラム】トランプ氏を抜きには語れない「新年の世界景気」
■トランプ氏の大判振る舞い 新年の世界景気を占うとすれば、アメリカの次期大統領であるトランプ氏の政策を抜きにして語れない。 トランプ氏の政策は、牽引車が不在だった世界経済に「主役はアメリカだ」、いや「主役は俺だ」と名乗りを上げたようなものだ。 問題や相矛盾するような点は少なくない。しかし、世界経済の「主役は俺だ」というのは、このところ見られなかった新事態である。 まずは減税、富裕層を中心とする所得税減税、さらに法人税減税が取り沙汰されている。10年間で6兆ドルの大型減税が打ち..

本日上場のフォーライフは買い気配のまま公開価格の25%高(9時50分現在)
■22日は2銘柄が上場しそろって買い気配をセリ上げる 22日新規上場となった2銘柄のうち、フォーライフ<3477>(東マ・売買単位100株)は注文住宅や分譲住宅を神奈川・横浜、東京・南西部などで展開し、公開価格は2280円。買い気配で始まり、9時50分にかけては公開価格を25%上回る2850円の買い気配で推移し、まだ初値はついていない。 今期・2017年3月期の業績見通し(個別、会社発表)は、売上高が前期比36.5%増の70.03億円、営業利益は同36.0%増の5.09億円、..

本日上場のエイトレッドは買い気配のまま公開価格の13%高(9時30分現在)
■22日は2銘柄が上場しそろって買い気配をセリ上げる 22日新規上場となった2銘柄のうち、エイトレッド<3969>(東マ・売買単位100株)は独自技術によるクラウドワークフロー「X−point」などで成長し、発行株式の76.27%をソフトクリエイトホールディングス<3371>(東1)が所有。公開価格は1800円。買い気配出始まり、9時30分を過ぎては公開価格を13%上回る2070円の買い気配。まだ初値はついていない。 今期・2017年3月期の業績見通し(個別)は、売上高が前期..

ワイヤレスゲートは生体認証企業との提携など好感し値上がり率上位
■業績好調で買い安心感があり値動き軽くなるゾーンに接近 ワイヤレスゲート<9419>(東1・売買単位100株)は22日、急反発の始まりとなり、取引開始後に7%高の1770円(117円高)まで上げて東証1部の値上がり率4位前後に躍進している。21日付で、生体認証による本人認証・決済サービスを手がける株式会社Liquid(東京都千代田区、リキッド)との資本提携を発表し、期待が集まった。 業績は好調で、今期・2016年12月期は売上高や営業利益が続伸の見込み。このため買い安心感があ..

日経平均は47円安で始まり欧米投資家のポジション調整売り懸念など影響
 22日(木)朝の東京株式市場は、NYダウの反落(32.66ドル安の1万9941.96ドル)や欧米投資家のクリスマス休暇を控えたポジション調整売りの懸念などが影響し、日経平均は2日続落基調の47円64銭安(1万9396円85銭)で始まった。

インソースは自社株買いを発表
■取得期間は12月22日から12月29日まで インソース<6200>(東マ)は21日引け後、自社株買いを発表した。 取得する株式総数は、15万6500株(上限)。取得価額の総額は、2億7000万円(上限)。取得期間は、12月22日から12月29日まで。

パシフィックネットは全世界で使える画期的なBizmo海外Wi−Fiの提供を開始
■106か国での4G(LTE)高速通信がSIM挿入なしで可能 パシフィックネット<3021>(東2)のグループ会社で、総合通信事業を行う株式会社2Bが、2017年1月より法人向け通信サービス「Bizmo」の商品ラインナップを拡充することを発表した。 「Bizmo」では新たに3つのサービスを順次発表していく予定であるが、その第一弾が『Bizmo 海外Wi−Fi』で、2017年1月5日よりサービスを提供開始する。 『Bizmo 海外Wi−Fi』は、本体へのSIM挿入なしで全世界で..

アルコニックスは年初来高値更新の展開で15年高値目指す、商社機能と製造業を融合した非鉄金属総合企業
 アルコニックス<3036>(東1)は商社機能と製造業を融合した「非鉄金属の総合企業」を目指してM&A戦略も積極活用している。12月20日には富士プレスを子会社化(17年4月予定)すると発表した。17年3月期は非鉄市況下落や円高影響などで減益予想だが、足元の円安傾向で一転上振れ余地がありそうだ。また積極的な事業展開で中期的に収益拡大が期待される。株価は年初来高値更新の展開となった。15年6月高値を目指す展開だろう。■商社機能と製造業を融合した「非鉄金属の総合企業」 軽金属・銅..

インフォメーションクリエーティブはモミ合い上放れ期待、17年9月期(連結に移行)は実質減益予想だが上振れ余地
 インフォメーションクリエーティブ<4769>(JQ)はソフトウェア開発中心にソリューションサービスを提供している。17年9月期(連結決算に移行)は16年9月期非連結業績との比較で実質減益予想だが保守的な印象も強い。上振れ余地があるだろう。株価は長期モミ合い展開だが、煮詰まり感を強めて上放れが期待される。■ソフトウェア開発中心にソリューションサービスを提供 ソフトウェア開発事業、システム運用事業、その他(パッケージ開発・販売)事業を展開し、顧客に常駐する型で情報サービス分野に..

フォーカスシステムズは調整一巡して出直り期待、システム需要高水準で医療分野のAIも研究
 フォーカスシステムズ<4662>(東1)は公共関連・民間関連のシステム構築・保守・運用を主力としてセキュリティ機器関連事業も展開している。医療分野へのAI活用に向けた共同研究も開始した。17年3月期は先行投資負担で減益予想だが、システム需要は高水準である。株価は動意づいた10月の戻り高値から反落したが、調整一巡して出直り展開が期待される。■システム構築・保守・運用を主力としてセキュリティ機器関連事業も展開 公共関連・民間関連のシステム構築・保守・運用・管理サービスを主力とし..

セレスは調整一巡して出直り期待、16年12月期2桁増収増益予想で記念配当
 セレス<3696>(東1)はスマホ向けポイントサイト運営が主力のスマートフォンメディア事業を展開している。16年12月期2桁増収増益予想である。12月12日付で東証マザーズから東証1部に市場変更し、期末に記念配当を実施する。FinTech・O2O関連などのテーマ性も注目される。株価は調整一巡して出直りが期待される。■ポイントサイト運営などスマートフォンメディア事業を展開 国内最大級のスマホ向けポイントサイト「モッピー」をはじめ、ポイントメディア「モバトク」「お財布.com」..

エフティグループは調整一巡して出直り期待、17年3月期利益減額だが18年3月期収益拡大期待
 エフティグループ<2763>(JQ)は法人向け環境関連商品・情報通信機器販売を主力としている。M&Aも積極活用してストック型収益・業容拡大戦略を推進している。17年3月期利益予想を減額修正したが、18年3月期は収益拡大が期待される。3%台後半の配当利回りも見直し材料であり、株価は調整一巡して出直りが期待される。■法人向けLED照明、ビジネスホン、OA機器などの販売が主力 13年6月TOBで光通信<9435>の連結子会社となり、15年8月持株会社に移行して、社名をエフティコミ..

エスプールは調整一巡して戻り試す、17年11月期も収益拡大基調
 エスプール<2471>(JQ)はコールセンター業務などの人材サービス事業を展開している。16年11月期は主力業務が好調に推移して大幅増収増益予想である。電力スマートメーター設置業務の収益改善も寄与する。そして17年11月期も収益拡大基調が期待される。12月19日には通販商品発送代行サービスの拡大を目指して葛西物流センターの新設を発表した。株価は10月の年初来高値から反落したが、好業績を評価する流れに変化はなく、調整一巡して戻りを試す展開だろう。■ロジスティクス、障がい者雇用..

【株式評論家の視点】船場は商業施設等の企画・設計に実績あり、下押す場面に買い妙味
 船場<6540>(東2)は、12月19日に東京証券取引所第二部市場に上場した。同社グループは、商環境づくりの川上から川下までの全プロセス(調査、分析からマーケティングプラン、基本計画、設計、監理、施工、開業支援、管理・運営)を一貫してトータルにサポートする商環境創造事業を運営している。 同社グループの主要顧客である小売業界においては、e コマースの発展により、単に商品を買う場所からイベントなどの体験や、出会いの交歓を体験できる場所、「商品+体験」の空間へと、現実の店舗は変化..

ワイヤレスゲートは生体認証のLiquidとの資本提携を発表
■両社の事業拡大を加速 ワイヤレス・ブロードバンドサービスを提供するワイヤレスゲート<9419>(東1)は21日、生体認証による本人認証・決済サービスを手がけるLiquid(東京都千代田区)との資本提携を決議したと発表した。  リキッドは、世界で初めて生体認証のみでの本人認証・決済サービスの商用化に成功するなど、次世代の社会インフラ技術を国内外に普及させる事業を展開している。一方、ワイヤレスゲ ートは、これまでにLTEインフラを活用したIoT事業を拡大している。今後は、リキ..

【注目銘柄】三機サービスは上場来高値更新の展開、17年5月期2桁増収増益予想
 ビル・店舗・施設のトータルメンテナンスを展開する三機サービス<6044>(東2)に注目したい。17年5月期は新規大型案件も寄与して2桁増収増益予想である。株価は急伸した11月の上場来高値から一旦反落したが、自律調整が一巡して上値を試す展開だろう。 17年5月期の連結業績予想は、売上高が16年5月期比17.9%増の78億円、営業利益が同19.8%増の4億72百万円、経常利益が同25.0%増の4億47百万円、純利益が同18.3%増の2億98百万円としている。 空調機器メンテナン..

【中期経営計画と株価】インフォマートは中期経営計画で18年12月期の受発注5万社と請求書100万社目標
【成長への道筋・中期経営計画を探る】■利用企業数増加基調で16年12月期増益予想、17年1月1日付で株式2分割 インフォマート<2492>(東1)は企業間電子商取引「BtoBプラットフォーム」各種システムを提供し、FinTech分野にも参入している。16年12月期は利用企業数が増加基調であり、ストック型収益のシステム使用料が伸長して増益・増配予想である。株価は調整一巡して上値を試す展開だろう。なお17年1月1日付で1株を2株に分割する。 16年2月策定の中期経営計画では基本方..

【銘柄フラッシュ】富士通コンポーネントなど急伸し新規上場3銘柄はすべて実質ストップ高
 21日は、東証1部の値上がり率1位がパナホーム<1924>(東1)の13.2%高となり、2位もパナソニックデバイスSUNX<6860>(東1)の10.5%高。ともに20日の夕方、パナソニック<6752>(東1)の完全子会社になると発表したことが材料視された。ただ、肝心のパナソニックは大引け1.7%安となり4日続落。 同じく3位のアドバンテスト<6857>(東1)は野村ホールディングス<8604>(東1)の野村證券が投資判断を「中立」から「買い」に引き上げ、目標株価も1330..

プラント解体に特化したオンリーワン企業「ベステラ」の動画で見るプラント解体
 ベステラ<1433>(東マ)はプラント解体に特化したオンリーワン企業である。次世代プラント解体工法「3D解体」実現に向けたロボット開発を推進し、パーフェクト3Dの地域・観光用途への応用も実証している。17年1月期第3四半期累計は一時的要因で減益だったが、通期は増収増益予想である。さらに17年2月1日付で株式3分割を実施する。17年1月期末から開始する株主優待制度も注目点だ。■動画で見るプラント解体(YOUTUBE)★ガスタンク解体 リンゴ皮むき工法ガスタンク解体 リンゴ皮む..

【注目銘柄】DOWAホールディングスは年初来高値更新の展開で15年高値視野、17年3月期業績予想に増額余地
 DOWAホールディングス<5714>(東1)に注目したい。17年3月期通期の減収減益予想を据え置いているが、第2四半期累計が計画超となり、通期予想にも増額余地がありそうだ。株価は年初来高値更新の展開である。15年高値も視野に入りそうだ。 17年3月期連結業績予想は、売上高が前期比5.3%減の3850億円、営業利益が同17.3%減の290億円、経常利益が同17.3%減の290億円、純利益が同8.4%減の200億円としている。 為替や金属価格など相場環境が流動的として従来予想を..

【注目銘柄】パウダーテックは17年3月期配当予想を増額修正、年初来高値更新で99年来水準視野
 電子複写機用キャリアなどを展開するパウダーテック<5695>(JQ)に注目したい。12月20日、17年3月期配当予想の増額修正を発表した。17年3月期連結業績は2桁増益予想で再増額余地がありそうだ。株価は年初来高値更新の展開だ。配当予想増額を好感して上値を試す展開だろう。99年以来の600円台が視野に入りそうだ。 17年3月期配当予想は、前回予想の年間12円(期末一括)に対して、4円増額して年間16円(期末一括)とした。16年3月期の年間15円(創業50周年記念配当3円含む..

【株式市場】北米景気敏感株などが重くなり日経平均は年初来高値のあと軟調転換
◆日経平均の終値は1万9444円49銭(50円04銭安)、TOPIXは1544.94ポイント(7.42ポイント安)、出来高概算(東証1部)は21億249万株◆本日上場の3銘柄は好調で2銘柄は買い気配のまま初値つかず 21日後場の東京株式市場は、13時過ぎからソニー<6758>(東1)やキヤノン<7751>(東1)などが値を消し始め、自動車株の中にも軟調転換する銘柄が出始め、全般に模様ながめムードが広がった。日経平均も軟調に転じ、14時にかけて一時119円34銭安(1万9375..

フェニックスバイオは決算説明会資料など見直され4日続伸基調
■下期は円安の追い風が吹き半値戻しの期待も マウスを用いた医薬品開発研究などのフェニックスバイオ<6190>(東マ・売買単位100株)は21日、8%高の1975円(145円高)まで上げた後も強い展開を続け、16日から4日続伸基調となっている。15日に第2四半期決算の説明会資料を自社ホームページで開示しており、見直される形になった。 売上高の7割近くが海外を占めるため上期は円高傾向が逆風になったが、下期は11月以降の円安が追い風になる。2016年3月に上場し、上場来の高値は37..

メンバーズは12月末の株式分割などに期待が強く出直り拡大
■今期は5期ぶりに最高を更新する見込み ソーシャルメディア活用支援などのメンバーズ<2130>(東2・売買単位100株)は21日の後場一段強含み、13時を過ぎて1029円(52円高)と出直り幅を拡大。取引時間中としては3日ぶりの4ケタ(1000円)台回復となった。12月31日を基準日として1株につき2株の株式分割を行うことが材料視されている。 業績は回復から拡大傾向となっており、今期・2017年3月期の連結純利益は12年3月期以来5期ぶりに最高を更新する見込み。中国での展開や..



FX外為チャートで稼ぐ必勝法最新情報  FX外為チャートで稼ぐ必勝法TOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け