FX外為チャートで稼ぐ必勝法 株式投資情報 11月1日

11月1日(木曜日)の株式投資情報です。(04時27分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



カーリットHDの3月期第2四半期は増収・大幅増益、営業利益が52.7%増
■通期も2桁営業増益予想 カーリットホールディングス<4275>(東1)は31日、19年3月期第2四半期連結業績を発表し、売上高が前年同期比6.3%増の265億25百万円、営業利益が同52.7%増の10億29百万円、経常利益が同49.5%増の11億61百万円、四半期純利益が同40.1%増の7億26百万円だった。 セグメント別に見ると、化学品は売上高が前年同期比5.2%増の114億30百万円、営業利益が同51.9%増の6億46百万円だった。化薬分野では、産業用爆薬は、土木案件が..

【銘柄フラッシュ】セプテーニHDなど急伸し上場2日目のVALUENEXは活況高
 10月31日は、スミダコーポレーション<6817>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、30日に発表した第3四半期決算が材料視されて朝方は一時ストップ高の300円高は26.9%高と急伸し大引けも25.5%高。 2位はフオスター電機<6794>(東1)の20.5%高となり、30日に発表した第2四半期決算が材料視されて2ヵ月以上続く小動き横ばい相場を飛び出すように戻り高値を更新。 3位は豆蔵ホールディングス<3756>(東1)となり、30日に発表した第2四半期の決算見通しが..

【株式市場】四半期好決算株が強く日経平均は高値引けとなり2日続けて大幅高
◆日経平均の終値は2万1920円46銭(463円17銭高)、TOPIXは1646.12ポイント(34.66ポイント高)、出来高概算(東証1部)は18億1191万株 10月31日後場の東京株式市場は、昼12時に四半期決算を発表した日本郵船<9101>(東1)や第一三共<4568>(東1)が一段高で始まり、13時に発表した日本通運<9062>(東1)も一段高。発表後に下げる銘柄も少なくなかったが、日経平均は時間とともにジリ高傾向を強め、大引け間際に463円17銭高(2万1920円..

LIXILビバは自社株買いなどが好感されて後場急伸
■発行株数の2.2%を上限に来年3月下旬まで実施 LIXILビバ<3564>(東1)は10月31日の後場寄り後に10%高の1849円(171円高)まで急伸し、そのまま値上がり率10%前後で出来高を増加させている。昼12時に第2四半期の業績(2018年4〜9月、非連結)と自己株式の取得(自社株買い)を発表。好感されている。 自社株買いの取得上限株数は100万株(自己株式を除く発行済株式総数に対する割合2.2%)、取得価額の総額15億円、取得期間は2018年11月1日から19年3..

クレスコはWeb技術企業などの相次ぐグループ化が注目されて大幅高
■IT業界のエンジニア不足が常態化する中で注目される クレスコ<4674>(東1)は10月31日、14時を過ぎて10%高の3205円(291円高)前後で推移し、取引時間中としては3日ぶりに3200円台を回復。大幅な出直りとなっている。29日付で、連結子会社アイオスが、Web技術や組み込み技術を中心としたソフトウエェアの設計開発を得意とするイーテクノ株式会社(横浜市)を子会社化すると発表。注目集中となった。 さる9月25日には、人事・給与・ワークフロー関連のパッケージソフトウェ..

LIFULLは配当性向の引き上げなど好感され3ヵ月ぶりに750円台回復
■今期は売上収益12.9%増を見込むなど業績拡大が続く見通し LIFULL(ライフル)<2120>(東1)は10月31日の後場寄り後に4%高の755円(28円高)まで上げて出直りを強め、取引時間中としては8月2日以来、約3ヵ月ぶりの750円台回復となった。不動産情報サイト「ホームズ」の運営などを行い、10月22日に9月決算と配当方針の変更(配当性向を20%から25%に引き上げ)などを発表。注目が強まっている。 18年9月期の業績は、前の期が決算期変更に伴う経過期間(6ヵ月決算..

夢真HDのグループ稼動人数が7000名を突破、2年後には1万人をめざす
■建設業界に若い力を派遣しIT業界には「女性」「外国人」も 夢真ホールディングス(夢真HD)<2362>(JQS)は10月31日の前場、960円(31円高)まで上げて2日続伸基調となり、取引時間中としては3日ぶりに950円台に復帰した。施工管理者やITエンジニアの派遣などを行い、30日、グループ稼動人数の7000名突破を発表。全体相場の反発とともに、あらためて注目し直されている。 同社は30日、新子会社3社を合わせたグループ稼動人数が2018年10月に7000名を超えたと発表..

【株式市場】主力株に業績予想の増額が相次ぎNYダウ大幅反発もあり日経平均は大幅続伸
◆日経平均は2万1790円00銭(332円71銭高)、TOPIXは1632.99ポイント(21.53ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億6973万株 10月31日(水)前場の東京株式市場は、NYダウの3日ぶり大幅反発や円安の再燃などが好感され、株価指数の先物が先行高。さらに、ソニー<6758>(東1)、ホンダ<7267>(東1)、アドバンテスト<6857>(東1)などが業績予想を増額修正し、出直りを強めたため、日経平均は112円高で始まった後も上値を追い、11時過ぎには..

HEROZはMR(複合現実)ソリューション企業との提携が注目され続伸
■AIによる「分析」をMRで「見える化」し、さらにIoTで新技術を開発 HEROZ(ヒーローズ)<4382>(東マ)は10月31日、続伸基調となり、11時にかけては1万4630円(190円高)と値幅を出している。人工知能(AI)を活用したサービスを提供し、29日、MR(複合現実)ソリューションを開発・販売する株式会社ポケット・クエリーズ(東京都渋谷区)との資本業務提携を発表し、注目が再燃した。 MR(複合現実:Mixed Reality:ミックスドリアリティ)は、VR(仮想現..

加賀電子は続伸、富士通エレクトロニクスの段階的株式取得に注目続く
■4年後の営業利益6割増めざすと伝えられ株価は3割高の推算 加賀電子<8154>(東1)は10月31日、続伸基調となり、5%高の2567円(130円高)まで上げて出直りを強めている。2021年12月をメドに3段階で富士通エレクトロニクス(非上場)の株式取得を進めることを9月に発表済みで、子会社化による飛躍への期待は強い様子だ。 10月23日には、日本経済新聞・朝刊が「加賀電子は、2022年3月期をメドに連結営業利益を前期実績比で約6割増となる130億円程度に伸ばす方針」と伝え..

RPAホールディングスが続伸、株式5分割を控え業績の好調さも注目される
■右肩上がりを継続、全体相場が大きく下押した中で崩れのないチャートも注目される RPAホールディングス<6572>(東マ)は10月31日、続伸基調となり、10時にかけては1万6110円(290円高)前後で推移し、東証マザーズ銘柄の値上がり幅1、2位を競っている。11月30日を基準日とする株式5分割を発表済みで、単元あたりの投資金額が5分の1になるため、新たな投資家層の流入が期待されている。 業績は連続最高益が続く見込みで、このところの値動きも下値をセリ上げて右肩上がりを継続。..

ソニーは3月通期の純利益41%増額など好感され大幅続伸
■営業利益は同じく29.9%増額して8700億円の見込みに ソニー<6758>(東1)は10月31日、買い気配のあと6%高の6230円(368円高)で始まり、その後6275円(413円高)をつけて大幅続伸となっている。30日の取引終了後、第2四半期の連結業績(2018年4〜9月、累計、米国会計基準)を発表し、3月通期の業績見通しを全体に増額修正。注目が再燃した。 第2四半期の累計連結営業利益は前年同期比20.1%増加して4345.2億円となった。3月通期の見通しは、売上高及び..

アドバンテストが急伸、業績見通し増額など好感され買い気配のまま上げる
■主軸のテスト・システムが底堅く推移する見通し アドバンテスト<6857>(東1)は10月31日、買い気配で始まり、9時20分にかけても気配値のまま17%高の2153円(310円高)と急伸している。本日のストップ高は400円高の2243円。30日の取引終了後に発表した第2四半期の連結業績(2018年4〜9月、累計、IFRS基準)が大幅増益となり、前年同期比で営業利益は4.6倍になるなど大幅に回復。3月通期見通しを増額修正し、期末配当も増配の見込みとしたため、注目が再燃している..

日経平均は112円高で始まりNYダウの大幅反発や円安再燃など注目される
 10月31日(水)朝の東京株式市場は、日経平均が大幅続伸基調の112円27銭高(2万1569円56銭)で始まった。 米国市場ではフィラデルフィア半導体指数が大きく上下、これを受けて半導体株が買われ、NYダウは431.72ドル高(24874.64ドル)と大幅高で3日ぶりに反発した。また、トランプ大統領が中国との貿易協議に向けて「素晴らしい取引を行う」と積極的な発言を行ったと伝えられ、円相場も1ドル113円台へと円安が再燃した。(HC)

日本エンタープライズは総務省が、角川アスキー総合研究所に業務実施機関として委託する「異能vationプログラム」に、協賛企業として参画
■これからの日本を創るInnovator(開拓者)を支援 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、総務省が、角川アスキー総合研究所に業務実施機関として委託する、これからの日本を創るInnovator(開拓者)を支援する「異能vationプログラム」に、協賛企業として参画している。 「異能vationプログラム」は、平成25年、総務省が、情報通信審議会諮問「イノベーション創出実現に向けた情報通信技術政策の在り方」の提言を受け、ICT成長戦略の1つとして、イノベーション(社会..

アイリッジは売り一巡して反発期待、19年3月期増収増益予想、電子地域通貨事業の展開も加速
 アイリッジ<3917>(東マ)はO2Oソリューション事業をベースとして、電子地域通貨事業など事業領域拡大戦略を加速している。19年3月期(連結決算に移行、決算期変更で8ヶ月決算)は、月額報酬の順調な伸長やM&A効果などで実質増収増益予想である。株価は地合い悪化も影響して安値を更新したが、売り一巡して反発を期待したい。■O2Oソリューション事業が主力 位置情報連動型プッシュ通知ASPのpopinfo提供から、popinfo搭載O2Oアプリ企画・開発、集客・販促を中心としたO2..

アイビーシーは売り一巡して反発期待、18年9月期増収増益予想で19年9月期も収益拡大期待
 アイビーシー<3920>(東1)はネットワークシステム性能監視ツールのリーディングカンパニーである。ブロックチェーン技術の活用やIoT分野への展開も加速している。18年9月期は2桁増収増益予想で上振れが濃厚だろう。19年9月期も収益拡大が期待される。株価は地合い悪化も影響して安値圏に回帰したが、売り一巡して反発を期待したい。■ネットワークシステム性能監視ツールのリーディングカンパニー ネットワークシステム性能監視ツール(ソフトウェア)のリーディングカンパニーである。マルチベ..

アイ・ピー・エス(IPS)はフィリピンでの国際通信サービスが主力、19年3月期増収増益予想
 アイ・ピー・エス(IPS)<4390>(東マ)は、フィリピンにおけるケーブルテレビ事業者向け国際通信回線提供を主力としている。19年3月期増収増益予想である。第2四半期累計は為替差益計上などで利益を増額修正した。通期も好業績を期待したい。株価は地合い悪化も影響して安値圏だが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。■フィリピンでの国際通信サービスが主力 18年6月東証マザーズに新規上場した。フィリピンにおけるケーブルテレビ事業者向け国際通信回線提供などの海外通信事業を主力..

バンク・オブ・イノベーションはスマホゲームアプリを開発、19年3月期増収増益予想
 バンク・オブ・イノベーション<4393>(東マ)はスマホゲームアプリを開発している。18年9月期は主力タイトルが好調に推移して大幅増収増益予想である。株価は地合い悪化も影響して安値圏だが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。■スマホゲームアプリを開発 18年7月東証マザーズに新規上場した。スマホゲームアプリを開発している。基本無料・アイテム課金制を採用し、有料アイテムの売上が主たる収入源となる。15年2月リリースの「幻獣契約クリプトラクト」や17年8月リリースの「ミト..

PALTEKがイノフィス社の装着型バランサー「マッスルアッパー」の販売を開始
■腰・腕同時に補助し、重量物の取り扱いをアシスト PALTEK<7587>(東2)は、東京理科大学発ベンチャーのイノフィス(東京都新宿区)が開発した、人の手で重量物を取り扱うシーンにおいて、腕と腰の動きを補助し、作業効率の向上や身体負担の軽減を図る装着型バランサー「マッスルアッパー」の販売を、10月から開始した。 「マッスルアッパー」は、背面のフレームに内蔵された“空気圧式人工筋肉”のはたらきによって上体と上肢を引き上げ、腰部より高い位置まで重量物を持ち上げること、身体から離..

電算システムは第3四半期決算と共に東北電力が「LINE Pay 請求書支払い」による収納代行サービスを導入したことを発表
■第3四半期は2ケタ増収大幅増益 電算システム<3630>(東1)は30日、第3四半期決算と共に東北電力が、同社が提供する「LINE Pay 請求書支払い」による収納代行サービスを導入したことを発表した。 18年12月期第3四半期連結業績は、売上高269億49百万円(前年同期比10.6%増)、営業利益12億51百万円(同40.3%増)、経常利益12億87百万円(同39.5%増)、純利益8億59百万円(同46.3%増)と2ケタ増収で大幅増益となった。■進捗率を見ると通期業績の上..

【新規上場(IPO)銘柄】リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る
 リーガル不動産<3497>(東マ)は、10月23日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は創業以来、「不動産に『Intelligence』を吹き込み、『Solution』を提案する」をモットーに不動産コンサルティング事業からスタートし、開発ソリューション事業、賃貸事業、ファシリティマネジメント事業、介護事業にも参画し、総合不動産開発企業としての業容を拡げている。 不動産ソリューション事業では、どんな土地でも活用法を提案。用地取得からマンション・オフィスなどの開発まで手がけ..

【銘柄フラッシュ】幸和製作所など急伸しバリュー株投資でセントラル総合開発も高い
 10月30日は、レーザーテック<6920>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、第1四半期の大幅増益などが注目されてストップ高の16.2%高。 2位は大倉工業<4221>(東1)の17.2%高となり、PBR(1株純資産から見た割合)が0.3倍台で上場銘柄の中でも低い地銀株を除くとかなり低い部類とされ、このところの株価変調を機にバリュー株が見直される潮流があるとの見方で注目され大きく出直った。 3位はアマノ<6436>(東1)の15.9%高となり、29日に四半期決算と発行..

綿半HDの3月期第2四半期は建設事業・貿易事業が堅調に推移し増益で着地
■今期は期初予想に変更はなく4期連続過去最高益更新へ 綿半ホールディングス<3199>(東1)は30日、19年3月期第2四半期連結業績を発表した。 業績は、売上高が前年同期比0.5%減の491億38百万円、営業利益が同3.3%増の9億9百万円、経常利益が同4.8%増の9億79百万円、四半期純利益が同11.9%増の6億61百万円だった。スーパーセンター事業のEDLP戦略推進による一時的な客数減少や、三鷹店閉店の影響により減収したが、建設事業・貿易事業が堅調に推移し、増益となった..

ホンダが12月末、3月末の配当予想を増額し年間では前期比11円増配の111円に
■四半期ごとに年4回の配当を実施し12月末は同3円増の28円の見込み ホンダ<7267>(東1)は10月30日の取引終了後、第2四半期決算と配当予想の修正(増配)を発表し、第2四半期末(9月末)の配当を従来予想の1株27円から28円(前年同期比では4円増配)とし、第3四半期末(12月末)の配当は同じく27円から28円の見込み(同3円増配)に、第4四半期末(3月末)の配当も同じく27円から28円の見込み(同1円増配)に、各々修正した。30日の株価終値は3044.0円(59.0円..



FX外為チャートで稼ぐ必勝法最新情報  FX外為チャートで稼ぐ必勝法TOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け