FX外為チャートで稼ぐ必勝法 株式投資ニュース 12月19日

12月19日(水曜日)の株式投資ニュースです。(16時04分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



【株式市場】日経平均は9ヵ月ぶりに2万1000円を割り新上場のソフトバンクは冴えない
◆日経平均は2万987円92銭(127円92銭安)、TOPIXは1556.15ポイント(6.36ポイント安)、出来高概算(東証1部)は17億3903万株 12月19日後場の東京株式市場は、米国の金融政策会合(FOMC)の結果が日本時間の20日未明に判明する予定のため、買わない理由のように採り上げる様子があり、材料株などの個別物色が強まった。中国事業を推進する部署を新設と伝えられた資生堂<4911>(東1)は後場も堅調に推移。日経平均は取引開始後から大引けまで120円安前後(2..

ケイアイスター不動産は「不動産×IT」戦略など好調で逆行高
■回転期間(土地仕入れから分譲引き渡しまで)を重視する経営を推進し連続最高益 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は12月19日、1741円(54円高)まで上げたあとも堅調に推移し、全体相場の下げに逆行高となっている。埼玉県を地盤に地域密着型の展開で拡大する総合不動産会社で、業績は売上高、各利益とも連続最高を更新する見込み。18日に行われた個人投資家向けセミナー(日本インタビュ新聞社主催)で、同社・塙圭二社長は、「不動産×IT」戦略や、「家賃以下で住める高品質な住宅販売に..

ソフトバンクは後場1352円で始まり引き続き公開価格1500円を下回って推移
■19日上場、初値は1463円、高値は1464円、大規模な通信障害など影響の見方 12月19日、ソフトバンク<9434>(東1)が東証1部に直接上場した。公開価格1500円を2.5%下回る1463円で始まり、その後は1464円を上値に売買交錯となり、一時1344円まで下落、前引けも1360円と重い相場が続いた。後場は1352円で始まった。 このところ全体相場の下げが目立っていることや、12月上旬に首都圏などで大規模な通信障害を起こしたこと、スマートフォンの普及が体感的にも高水..

【株式市場】ヘッジ売り厚いとされ日経平均は朝234円安まで下押すがその後は大きく戻す
◆日経平均は2万1025円10銭(90円35銭安)、TOPIXは1557.01ポイント(5.50ポイント安)、出来高概算(東証1部)は9億6742万株 12月19日(水)前場の東京株式市場は、TOPIX(東証株価指数)などが18日に10月以降の安値を割り込んだため、同指数などの先物にヘッジ売りが厚いとされ、日経平均も9時30分にかけて234円72銭安(2万880円73銭)まで下押した。ただ、TOPIXなどの時価総額指数に影響力のあるトヨタ自動車<7203>(東1)やNTTドコ..

デジタルアーツは楽天市場を装ったばらまき型メールの解析が注目され大きく反発
■国内で13万通以上拡散されたとみられる偽メールをあばく デジタルアーツ<2326>(東1)は12月19日、大きく反発し、11時にかけて7%高の6620円(460円高)まで上げて出直りを強めている。19日付で、「楽天市場を装ったばらまき型メールの解析情報を公開」と発表。全体相場が再び下押している中で、絶好の材料株と注目する様子がある。 19日付で、「12月11日頃から国内で13万通以上拡散されたと考えられる楽天市場を装ったばらまき型メールの解析情報を公開」と発表した。果してそ..

テリロジーは通訳システム「10倍以上の伸び」と伝えられ出直り強める
■外国人客3000万人突破を受け「言葉の壁」に挑む最新技術と取り上げられる テリロジー<3356>(JQS)は12月19日、続伸基調となり、10時40分にかけて6%高の1363円(83円高)前後で推移し、出直りを強めている。 TBSニュースが18日伝えた「外国人客3000万人突破、『言葉の壁』に挑む最新技術(12月18日23時24分)が、同社のITシステム「みえる通訳」を取り上げ、「今期は前年の10倍以上の契約数の伸びを見込んでいる。2020年までには、その倍はお客様を増やし..

19日上場のKudanは買い気配のままで公開価格の31%高(10時10分現在)
■AP(人工知覚)アルゴリズムの研究開発など行い超高PERだが相対的に割安 12月19日、新規上場となったKudan(くだん)<4425>(東マ)は、コンピュータやロボットの「眼」に相当するAP(人工知覚)アルゴリズムの研究開発、およびライセンス提供などを行い、会社発表の今期・2019年3月期の業績見通し(連結)は、売上高が3億6348万円(前期比77.6%増加)、営業利益は1億494万円(前期は307万円の営業損失)、親会社株主に帰属する当期純利益は1億0059万円(前期は..

アセンテックは新防衛計画大綱など材料視され大きく反発
■業績は好調で今期の業績見通しを増額修正 アセンテック<3565>(東マ)は12月19日、急反発となって始まり、取引開始後に14%高の3410円(420円高)まで上げ、出直りを強めている。仮想デスクトップ総合ソリューションベンダー、仮想化ソフトウェア、セキュリティソリューションなどを行い、政府が18日に発表した新防衛計画大綱で宇宙やサイバー、電子戦などへの取り組みが強化されることなどが材料視されている。 業績は好調で、第3四半期の売上高は前年同期比39.8%増加し、営業利益も..

フェニックスバイオがストップ高、特許取得のお知らせが注目される
■全体相場が下押す中で絶好の材料株と注目集める フェニックスバイオ<6190>(東マ)は12月19日、急伸して始まり、取引開始後にストップ高の780円(100円高)で売買されたまま買い気配となっている。18日付で、「ウロキナーゼ型プラスミノーゲンアクチベーター・トランスジェニックマウスに関する特許取得のお知らせ」を発表。全体相場が下押す中で絶好の材料株と注目されている。 発表によると、現在、当社製品として生産している「ヒト肝細胞を有するキメラマウス」(当社製品名:PXBマウス..

今日上場のソフトバンクは1463円(公開価格の37円安)で初値つく
◆日経平均は8円安で始まりTOPIXの先物などにヘッジ売り 12月19日(水)朝の東京株式市場は、日経平均が続落模様の8円28銭安(2万1107円17銭)で始まった。18日にTOPIX(東証株価指数)やJPX日経400が10月以降の安値を割り込んで終わったため、TOPIXの先物などにヘッジ売りがあるとされている。 19日、東証1部に新規上場となったソフトバンク<9434>(東1)は公開価格1500円を37円下回る1463円で初値が付き、あと乱高下している。(HC)

パシフィックネットは調整一巡して出直り期待、19年5月期大幅増益予想
 パシフィックネット<3021>(東2)は、法人向けIT機器LCM(ライフサイクルマネジメント)サービスを強化し、フロー型からストック型への収益構造転換を推進している。19年5月期大幅増益予想である。株価は地合い悪も影響して軟調展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。なお1月15日に第2四半期決算発表を予定している。■IT機器LCMサービスを強化 法人向けにPC・タブレット・モバイル等のIT機器の調達・導入、キッティング(事前設定)、ネットワーク構築、運用・保守、使用済みI..

アルコニックスは調整一巡して出直り期待、19年3月経常微減益予想織り込み済み
 アルコニックス<3036>(東1)は商社機能と製造業を融合した「非鉄金属の総合企業」を目指している。19年3月期は経常微減益予想だが、第2四半期累計は順調だった。株価は地合い悪も影響して年初来安値圏だが、経常微減益予想は織り込み済みだろう。調整一巡して出直りを期待したい。■商社機能と製造業を融合した「非鉄金属の総合企業」目指す 軽金属・銅製品(伸銅品、銅管など)、電子・機能材(レアメタル・レアアース、チタン・ニッケル製品など)、非鉄原料(アルミ・亜鉛地金など)、建設・産業資..

ハウスドゥは売り一巡して出直り期待、19年6月期大幅増収増益・増配予想
 ハウスドゥ<3457>(東1)は、FinTechを活用した不動産流通ソリューションで業界変革を目指す「不動産テック企業」である。積極的な事業展開で19年6月期大幅増収増益・増配予想である。12月18日にはアジアでの事業展開の足掛かりとして、タイでの合弁会社設立に向けて本格検討を開始すると発表した。株価は地合い悪も影響して年初来安値圏だ。ただし売られ過ぎ感を強めている。売り一巡して出直りを期待したい。■住まいのワンストップサービスを展開する不動産テック企業 市場ニーズに対応し..

KeyHolderは出直り期待、ライブ・エンターテインメント事業で収益柱構築目指す
 KeyHolder<4712>(JQ)は、アミューズメント施設運営領域から撤退し、ライブ・エンターテインメント事業を中心とした新規事業で収益柱の構築を目指している。株価は急伸した11月の戻り高値から反落したが、一方で下値を切り上げている。調整一巡して出直りを期待したい。■ライブ・エンターテインメント事業で新たな収益柱の構築を目指す Jトラスト<8508>グループで、17年10月旧アドアーズが持株会社へ移行して商号をKeyHolderに変更、18年3月子会社アドアーズをワイド..

立花エレテックは売られ過ぎ感、19年3月期利益横ばい予想だが上振れ余地
 立花エレテック<8159>(東1)は産業用機器・電子部品などを扱う技術商社である。19年3月期は利益横ばい予想だが、第2四半期累計が2桁増益と順調であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。配当は増配予想である。株価は地合い悪も影響して年初来安値圏だが売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。■産業用機器・電子部品を扱う技術商社 産業用機器・電子部品などを扱う技術商社である。仕入先は三菱電機<6503>および三菱電機グループが合計で約7割を占め、外資系半導体メーカー、ルネサ..

アセンテックは調整一巡期待、19年1月期上方修正して大幅増収増益・増配予想
 アセンテック<3565>(東マ)は、セキュリティソリューションとして仮想デスクトップビジネスを展開している。19年1月期は12月12日に上方修正して大幅増収増益・増配予想である。株価は地合い悪も影響して上値の重い展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。■仮想デスクトップビジネスを展開 セキュリティソリューションとして、仮想デスクトップビジネスを中心に、仮想インフラおよびストレージビジネス、プロフェッショナルサービスビジネス、クラウドサービスビジネスを展開している。

ニーズウェルは底値圏、19年9月期増収増益予想、基準日18年12月31日で株式2分割
 ニーズウェル<3992>(東2)は業務系システム開発が主力のシステムインテグレータである。19年9月期増収増益予想である。なお基準日18年12月31日(効力発生日19年1月1日)で1株を2株に分割する。株価は地合い悪も影響して10月の上場来安値に接近したが、ほぼ底値圏だろう。反発を期待したい。■業務系システム開発が主力のシステムインテグレータ 金融業界向け業務系システム開発が主力のシステムインテグレータである。業務アプリケーション開発、基盤構築、組み込み系システム開発などを..

コンヴァノは底値圏、19年3月期増収増益予想
 コンヴァノ<6574>(東マ)はネイルサロン「ファストネイル」をチェーン展開している。19年3月期は新規出店効果などで増収増益予想である。株価は軟調展開が、18年4月IPO時の高値からほぼ3分の1水準で底値圏だろう。反発を期待したい。

【新規上場(IPO)銘柄】グッドライフカンパニーは17日に上場、福岡・熊本を中心に事業展開
 グッドライフカンパニー<2970>(JQ)は、12月17日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場した。同社グループは「いい住まいは、いい暮らしをつくる。いい暮らしは、いい人をつくる。」というスローガンのもと、不動産投資家(オーナー)に対し、主に投資用新築一棟賃貸マンションの企画・開発(アセットマネジメント事業)と、オーナーが所有する不動産の運営(プロパティマネジメント事業)を行うサービスをワンストップで提供している。

【銘柄フラッシュ】ワイエスフードなど急伸しFDKはサンプル出荷が注目され活況高
 12月18日は、ビーロット<3452>(東1)の12.4%高が東証1部の値上がり率1位となり、今12月期の業績見通しの増額修正などが好感されて朝方は一時ストップ高の23.9%高まで急伸。 ホシザキ<6465>(東1)は5.7%高となり、17日付で「コーポレート・ガバナンス報告書」を発表したことなどが材料視されて大きく反発。このところ、関連会社の不適切行為の可能性により監理銘柄に指定されたため下げていた。 アイネス<9742>(東1)は発行株数の6.5%に相当する自社株買いが..

CRI・ミドルウェア:Web動画ソリューション「LiveActPRO」がセブン&アイHDの総合通販サイト「オムニ7」にも採用される
◆アプリでないと困難だった動画機能をブラウザで実現し超軽量の動画バナー実現 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は12月18日の午後、Web動画ソリューション「LiveActPRO(ライブアクトプロ)」がこのほど、セブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイHD)<3382>(東1)が運営する総合通販サイト「オムニ7」に採用されたと発表した。◆「かるい、きれい、はやい」で、画質を損なうことなく軽量化 「LiveActPRO」は、従来はアプリでないと実現困難だった動画機能を..

【株式市場】全般反落しTOPIXなど年初来の安値を割るが日経平均は底堅さ見せる
◆日経平均は2万1115円45銭(391円43銭安)、TOPIXは1562.51ポイント(31.69ポイント安)、出来高概算(東証1部)は16億2513万株 12月18日後場の東京株式市場は、日経平均が前引けの264円安から一段安で始まり、NYダウの急落に続き中国株が下げていることなどが下げ要因とされた。今週は日米の金融政策会合があることも手控える要因になった様子。一段と個別物色の色彩が強まり、出光興産<5019>(東1)と昭和シェル石油<5002>(東1)は臨時株主総会で統..

Jトラスト:10月に連結化したオリンピンド社で新たに農機ローン、多目的ローンなども展開
◆インドネシアのマルチファイナンス大手、当面の事業戦略を発表 Jトラスト<8508>(東2)はこのほど、2018年10月に連結子会社化したインドネシアの金融企業JTrust Olympindo Multi Finance(Jトラスト・オリンピンド・マルチ・ファイナンス、以下オリンピンド社)に関する当面の事業戦略を発表した。 これによると、オリンピンド社は、連結化する前までの主要事業だった中古車ローンに加え、新たに農機ローン、多目的ローンなどのサービスを開始し、「Jトラスト銀行..

アイネスは発行株数の6%を超える規模の自社株買いが好感され逆行高
■12月18日から来年3月11日まで実施 アイネス<9742>(東1)は12月18日の後場、13時30分にかけて5%高の1136円(58円高)前後で推移し、大きく反発。TOPIXの1.7%安(27.84ポイント安の1566.36ポイント)、日経平均の1.6%安(361円10銭安の2万1145円78銭)といった全体相場の下げに逆行高となっている。17日の取引終了後、発行株数の6%を超える規模の自己株式取得(自社株買い)を発表。好感されている。 取得上限株数は165万株(自己株式..

ユニフォームネクストは12月末の株式2分割が注目されて逆行高
■12月28日(金曜日)最終の株主名簿に記録された株主の保有株式が対象に ユニフォームネクスト<3566>(東マ)は12月18日の後場、3995円(75円高)で始まり、東証マザーズ指数の3%安、日経平均の370円安など、全体相場の大幅安に逆行高となっている。14日、12月末の株主を対象とする1対2の株式分割を発表。材料視されている。 業務用の制服・ユニホームなどをネット通販で展開し、株式分割は、投資単位あたりの金額を引き下げ、同社株式の流動性を高めるとともに、投資家層の更なる..



FX外為チャートで稼ぐ必勝法最新情報  FX外為チャートで稼ぐ必勝法TOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け